YIC看護福祉専門学校についてはこちら

tel:0120-500-294

今後の予定|
10月28日(土)、11月11日(土)
以降の予定| 11月25日、12月9日、12月16日
今スグ!お申し込み

将来の進路を真剣に考えている高校1・2年生の方へ

高校卒業まで、まだまだ先。
今から高校卒業後の進路なんて、なかなかイメージできませんよね。
そんな中、このページをご覧になっているあなたは、
将来を真剣に考えているとても真面目な方。

大学、専門学校、短期大学、さらに、就職して社会に出るという道があります。
大企業に在籍していても安心できないという正解のない時代ですから、
高校卒業後の進路は本当に悩ましいものです。
そこで、あなたのような意識の高い方にだけ、
お伝えしておきたいことがあります。

見に行くだけで、あなたの人生の選択肢は大きく広がります!

  • 第一志望でなくても大丈夫
  • 高校1・2年生の方でもOK
  • 何度でも 参加可能!

なによりもまずはオープンキャンパスに参加することをおすすめします。
将来のことを考えるために必要なのは、インターネットで収集できる情報だけでなく、
実体験から得られる情報です。

在校生にインタビューを行うと、「オープンキャンパスには何回も参加した」という返事が返ってきます。
今できる最も大事なことは、実体験から得た情報を通して、自分がやりたいことを明らかにしていくこと。
このことを心掛けておくだけで、あなたの人生の選択肢は大きく広がります。

オープンキャンパス情報はこちら

高校や会場で行われる進路ガイダンスに参加してみよう!

専門学校ならではのノウハウを活かした専門性の高い授業を、一人でも多くの方に体験していただくため、進路ガイダンスを実施しています。
デザイン・イラスト・マンガ・医療事務・ビジネスマナーなど、魅力的な体験講座があります。

専門性が高い授業!魅力的な体験講座!ぜひ、参加してみてください。

専門性が高い授業!魅力的な体験講座!ぜひ、参加してみてください。

将来のことを真剣に考えるなら、まずは「資料請求」!

専門学校YICグループのことをよく知っていただくために、ホームページから資料請求を行うことができます。
「今はオープンキャンパスが開催されていない」「オープンキャンパスに行く時間がない」という方は、お気軽にこちらから資料請求を行ってください。
いただいた個人情報は、専門学校YICグループとして責任を持って適切に保護、管理し、細心の注意をもって取り扱います。
安心してご請求ください。

資料請求はこちら

メッセージ

在籍している先輩から、高校生の皆さんへのメッセージです。

阿部 美鈴さん 在学2年生

阿部 美鈴さん

2年生
(山口県立 
豊北高等学校 出身)

技術を身につけておかなければ、
職場で活躍することは難しい

実家が遠くて毎日通学することが難しいため、ひとり暮らしをしています。入学前は、九州にある専門学校と比較して迷ったのですが、YICのパンフレットに「看護師の国家試験合格率100%達成」とあり、そこに魅力を感じました。
将来は、地元にある病院で看護師として働きたいと思っています。
看護師国家試験では、看護技術の実技試験ありません。
しかし、しっかりとした技術を身につけておかなければ職場で活躍することは難しいと思います。
今学んでいる知識や技術を将来の職場で活かせるように、真剣に演習や実習に取り組んでいます。
病院での実習の際は、先生方がずっと病院に居てくださいます。困った時にはヒントをいただけるので、とても安心です!

多賀 静乃さん 在学2年生

多賀 静乃さん

2年生
(誠英高等学校 出身)

「お前、変わったなぁ」と言われました!

オープンキャンパスに行った時、先生方、先輩方がすごく明るく楽しそうだったのを覚えています。ですが、学校の勉強や実習が大変なこともきちんと教えてくださり、ここでならがんばれそうだと思って入学を決意しました。
高校生までは人見知りしてしまう性格だったので、人と話すのが苦手だったのですが、入学してから様々な年齢層の学生や患者さんなどと話をする機会が増え、人と話すのが苦手ではなくなってきました。 先日、高校生の頃の恩師に久しぶりにお会いしたとき「お前、変わったなぁ」と言われました!
日々勉強する中で、資格が取れるからという理由だけで看護師への道を安易に選ばない方がいい、と思うようにもなりました。
命を預かるとても大変で重要な仕事ということを、常に意識をして看護師をめざして努力をしています。

有吉 健太郎さん 在学1年生

有吉 健太郎さん

1年生
(山口県立 
豊北高等学校出身)

「心から介護の仕事をしたい!」
という人が増えてほしいです!

入学前、パンフレットでカリキュラムを見て、実習が多かったこととオープンキャンパスに参加したときに先生と学生の距離が近いと感じたことがYICを選んだ決め手でした。
介護技術は、演習や実習で身につけなければ、独学での習得は難しいです。高校を卒業して専門学校ではなく、すぐに介護の仕事を始めていたら大変だったと思います。入浴介助や、利用者さんの衣服の着脱など、介護技術は実際にやると教科書通りにはなかなかうまくいきません。
しかし、先生方は忙しくても、仕事が途中であっても、放課後の居残り練習に付き合ってくださって、アドバイスをいただけます。
介護は大変な仕事だと思います。でも、人とかかわるやりがいのある仕事だとも思います。「心から介護の仕事をしたい!」という人が増えてほしいです!

田邊 有希さん 在学1年生

田邊 有希さん

1年生
(山口県立 
防府西高等学校出身)

笑顔を絶やさない
介護福祉士になりたい

以前は、「保育分野」への道も考えていました。
ですが、高齢者が増えてきていますし、これから両親や祖父母に介護を通して関わっていけるのではないかと思い、介護の道を選びました。将来、私が家族の力になれるかもしれないなと。
介護の仕事は体力面で大変で大変な部分もあるかと思いますがしっかりとした知識と技術を習得していれば、年齢を重ねてもずっと続けていける仕事です。
介護の仕事を続けていくのに必要な知識や技術、実践的なことがたくさん学べるのがYICの魅力だと思います。
知識と技術を備えた誰からも信頼される、笑顔を絶やさない介護福祉士になりたいと思っています!