専門学校YICリハビリテーション大学校についてはこちら

tel:0120-160-535

今後の予定|
9月30日(土)、10月28日(土)
以降の予定|11月25日、12月16日、1月20日、2月17日、3月10日、3月20日
今スグ!お申し込み

講師紹介

分かち合いたい、教育がある。分かち合いたい、教育がある。

「授業を教える先生なんだ︕」という上から目線ではなく、理学療法士・作業療法士をめざす学生にとって、その知識と技術、
更には魅力を伝える、この道の先輩
として指導にあたるなど、常に学生の立場に立って、学生の近くにいる存在でありたいと思っています。
普段から声掛けをする、学生の様子にアンテナを張る、また、サークル活動やイベントなどに積極的に関わるなど学生とともに過ごしています。

山本 悟

山本 悟山本 悟

分かりやすい授業で確かな基礎力づくりをサポート!

学生が基礎を固め一歩一歩階段を上っていけるよう、楽しくて分かりやすい授業を行うよう心掛けています。「どうしたらもっと分かりやすい授業ができるのか」をテーマに、日々、新しい教授方法や資料づくりに取り組んでいます。

担当科目

運動学、生理学実習、運動器障害学、
理学療法評価法、運動療法、物理療法実習

学生の目線

点数だけで学生を評価しない先生です。

いつでも親身になって話を聞いてくださり、質問した際には理解しやすく教えてくださる理想の先生です。絵や図を多用した授業がとても分かりやすく、テストの点数だけで学生を評価せず、点数が良くなかった時も私のノートを見て、やる気の出る優しい声掛けをしてくださいました。

理学療法学科4年
津々木 穂梨さん(防府西高等学校出身)

藤井 昭宏

藤井 昭宏藤井 昭宏

学生がグローバルに活躍できる継続的な国際交流事業。

学生が基礎を固め一歩一歩階段を上っていけるよう、楽しくて分かりやすい授業を行うよう心掛けています。「どうしたらもっと分かりやすい授業ができるのか」をテーマに、日々、新しい教授方法や資料づくりに取り組んでいます。

担当科目

理学療法概論、生理学実習、義肢装具学
義肢装具学実習、臨床運動学

学生の目線

とても親身で時に厳しく ご指導くださいます。

3年生の時に経験した韓国の学生との国際交流ではコミュニケーションの取り方やイベントの進行の仕方などをいろいろとアドバイスしてくださいました。自分たちで考えなくてはならないところはしっかり考えさせ、それでも難しいところは手助けをしてくださる先生です。

理学療法学科 平成29年3月 卒業
松本 保奈美さん(熊本大学出身)

渡辺 慎介

渡辺 慎介渡辺 慎介

自らが得た情報を学生に還元。明日の作業療法を担う人材育成。

作業療法の仕事内容はとらえにくく、世間に広く知られている職種ではありません。しかし、障害を持たれた方の「生活・人生」支援に欠くことのできない職種です。明日の作業療法を担う人材育成に貢献できるようがんばります。

担当科目

精神障害作業療法学、作業学(作業科学)
生活行為向上マネジメント総論・演習

学生の目線

作業療法が大好きな熱い先生。

先生のおすすめの授業は作業学で、身体の機能を改善することはもちろん、その方の生活を見てどう援助したらよいかを考え、また、人柄もよく見ることが大切だと教えてくださいました。
懇親会ではいろんな人と話しており、クラスのことをいつも気遣ってくださる先生です。

作業療法学科4年
織田 由貴乃さん(宇部中央高等学校出身)

松原 早苗

松原 早苗松原 早苗

「考える力」を養う授業づくりを大切にしています。

基礎的・応用的な内容も、日々の生活もすべては患者様のために「考えること」につながっていきます。授業中も学生とたくさん話をしながら、知識や気持ちがつながるように心掛けて未来の作業療法士・理学療法士を育てています。

担当科目

解剖学(運動器)、運動学、日常生活活動
生活環境論、地域リハビリテーション論

学生の目線

学ぶ楽しさを味わうことができます。

松原先生は、困っていることや分からないことに対して解決するまで丁寧に答えてくださいます。おすすめの授業は「解剖学Ⅲ(骨と筋)」。一番勉強しなければならない分野ですが、分かりやすく興味が持てるように教えてくださるので、学ぶ楽しさが味わえます。

理学療法学科2年
藤田 裕樹さん(宇部中央高等学校出身)

加藤 善範

加藤 善範加藤 善範

選手を診る力を養うため、挑戦する心を育てる。

一歩前へ出る行動力はとても大切です。 「自らの持つ大きな可能性を信じ、実現に向けて果敢に挑戦する」気持ちのままに行動し、「チャレンジ」の心を持つ理学療法士になれるよう応援します。

担当科目

運動療法、スポーツ理学療法、運動学実習
臨床運動学

学生の目線

ほめて伸ばしてくれるユニークな先生。

小さな成長にも気付いてくれて、ほめて伸ばしてくれるユニークな先生です。放課後に卒業論文の発表練習にお付き合いただいたことも。先生のおすすめの授業は3年生の臨床運動学です。歩行分析をするのに必要な観察ポイントを学ぶことができます。

理学療法学科4年
石井 克司さん(南陽工業高等学校出身)