専門学校YICリハビリテーション大学校についてはこちら

tel:0120-160-535

今後の予定|
9月30日(土)、10月28日(土)
以降の予定|11月25日、12月16日、1月20日、2月17日、3月10日、3月20日
今スグ!お申し込み

社会人入学生の声

作業療法学科 岡田 舞さん

本校に入学するまでの仕事を教えてください
これまで障害福祉サービス事業所で、主に精神障害の方を対象に支援してきました。利用者の方の小さな変化が大きな成長につながることを知り、やりがいを感じていました。
作業療法士をめざすきっかけを教えてください
精神障害者の方の支援をしている際、自分自身の知識が足りないと感じ、また精神障害の方のより近くで支援したいと思い、作業療法士をめざそうと思いました。
本校に入学しようと思った理由をお聞かせください
YICの先生方とお話しする機会があり、作業療法学科の先生の患者さまに対する熱い思いを聞き、この学校の先生方から学びたいと思うようになりました。また、ゼミなどを通して、勉強を行う機会が多くあることに魅力を感じ、入学を決めました。
学校生活はいかがですか?
入学以前は他の学生との年齢差や授業についていけるか不安はありましたが、クラスの雰囲気も良く、先生方のフォロー体制もしっかりしていて安心しました。行事などもいろいろあるので、これからも楽しみながら資格取得に向けがんばっていきたいと思います。
メッセージをお願いします
学校へ入学して資格取得をめざすことは勇気がいることだと思います。私自身も4年間学校へ通うことに抵抗がありましたが、作業療法士になりたい、多くの方を支えたいという思いで入学を決めました。入学してみると同じ志を持った方が多くいると気づかされ、自分自身の励みになっています。 私たちと一緒に作業療法士をめざしませんか?

理学療法学科 木村 将人さん

本校に入学するまでの仕事を教えてください
高校を卒業後、周南市の化学会社で9年間働いていました。業務内容はプラント(工場)の増強の設計、物品手配、工事設計、発注、最終的な工事部分はプロの業者に依頼するといったデスクワークがメインのエンジニアでした。
理学療法学科をめざすきっかけを教えてください
会社での仕事はデスクワークメインで達成感よりも義務感の方が大きく感じていました。そんな折、同期の奥さんが理学療法士として働いていることを知りました。自身の身体を活かし、困った方のために働く姿に尊敬と憧れを感じ、これまでに歩んだエンジニアの道を捨て理学療法士をめざそうと思いました。
本校に入学しようと思った理由をお聞かせください
理学療法士を知ったきっかけである方がYICの卒業生だったので、学校の存在を知りました。そしてオープンキャンパスに参加し、先生方の人柄と授業風景などを見てこの学校でなら4年間という長い学生生活も楽しく勉強できると思い、入学を決めました。
学校生活はいかがですか?
まず授業に関してですが、オープンキャンパスで感じた以上に多くの先生方が学生に専門分野に興味を持ってもらい拒否反応が出ないようにと気を配って講義をしてくださるので、学ぶことが多く大変ではあるものの、楽しく学習できています。また、合宿やBBQ大会、スポーツ大会など様々な行事があり、キャンパスライフも充実しています。先生方との距離も近いため、相談しやすいのが特徴です。
メッセージをお願いします
9年間経験を積んだものを捨てて新たな道に進むことには不安もありましたが、今は不安以上にやりがいを感じ、やる気に満ち溢れています。会社とは異なり、学生という集団の中では想定以上に年齢差に困惑することもありますが、同じ志を持った仲間として時には励まし、時には若さというパワーを貰って楽しく勉強できています。なにか困った際には同じ社会人入学生の方や先生方もサポートしてくださいます。まずはオープンキャンパスに参加され、この学校を肌で感じてみてはいかかでしょうか。