専門学校YICリハビリテーション大学校についてはこちら

tel:0120-160-535

今後の予定|
11月18日(土)、11月25日(土)
以降の予定|12月16日、1月20日、2月17日、3月10日、3月23日
今スグ!お申し込み

進路に迷っている高校3年生の方へ

高校卒業まで1年足らず。
高校卒業後の進路はさまざまで、自分になにが正解なのか、
考えれば考えるほど迷ってしまいますよね。

大学、専門学校、短期大学、さらに就職して社会に出るという道があります。
大企業に在籍していても安心できないという正解のない時代ですから、
高校卒業後の進路は本当に悩ましいものです。

そんなあなたには、インターネットなどでの情報収集も大切ですが、
アクションを起こすことをおすすめします。 そのアクションとは…

新しい世界を見ることで視野が大きく開けます!

どこの学校でも結構です。まずはオープンキャンパスに参加してみてください!

今通っている高校やインターネットでの情報収集も大切ですが、迷いに迷った時にはアクションを起こすことが重要です。

インタビューを行うと「オープンキャンパスには何回も参加した」という在校生が、実はたくさんいます。
今までに見たことのない新しい世界を見て触れることで、自分がやりたいことが明確になり、視野が開けるきっかけになるはずです。
ぜひ、勇気を持って第一歩を踏み出してみてください。

オープンキャンパス情報はこちら

高校や会場で行われる進路ガイダンスに参加してみよう!

専門学校ならではのノウハウを活かした専門性の高い授業を、一人でも多くの方に体験していただくため、進路ガイダンスを実施しています。
デザイン・イラスト・マンガ・医療事務・ビジネスマナーなど、魅力的な体験講座があります。

専門性が高い授業!魅力的な体験講座!ぜひ、参加してみてください。

専門性が高い授業!魅力的な体験講座!ぜひ、参加してみてください。

将来のことを真剣に考えるなら、まずは「資料請求」!

専門学校YICグループのことをよく知っていただくために、ホームページから資料請求を行うことができます。
「今はオープンキャンパスが開催されていない」「オープンキャンパスに行く時間がない」という方は、お気軽にこちらから資料請求を行ってください。
いただいた個人情報は、専門学校YICグループとして責任を持って適切に保護、管理し、細心の注意をもって取り扱います。
安心してご請求ください。

資料請求はこちら

メッセージ

在籍している先輩から、高校生の皆さんへのメッセージです。

横田 姫子さん 理学療法学科3年生

横田 姫子さん

理学療法学科3年生

一生懸命にがんばっている人たちと
正面から向き合う仕事です

実習に参加し、実際にリハビリをがんばっている患者様を目にしたことで、自分たちはただ治すのではなく、一生懸命にがんばっている人たちに正面から向き合い、身につけた知識や技術を提供することが理学療法士としての仕事なんだと思うようになりました。
正直、本当に勉強は大変ですが、なりたい気持ちが強ければがんばれると思います。自分が本当は理学療法士になりたいのか、ぜひ考えてみてください! 個性豊かな先生方が、しっかりサポートしてくださるから安心です。
スポーツ大会や際波祭など、毎年楽しく盛り上がるイベントもある楽しい学校でもあります。

引藤 絵里奈さん 理学療法学科1年生

引藤 絵里奈さん

理学療法学科1年生

同じ夢を持つ仲間と一緒にがんばっています

YICを卒業するまでの4年間、理学療法士として働いていくための技術や知識を身につけ、患者さんから信頼されるようになるのが夢です。
県内で資格が取れる学校を見学した際、一番雰囲気の良かったYICへの入学を希望しました。
今は、同じ夢を持つ仲間と一緒にがんばっています。また、サークル活動もあり、毎日楽しく過ごしています。
卒業後は開業を考えているので、理学療法士として働きながら、柔道整復師の資格を取得できる学校に通い、最終的に柔道整復師の資格も持ちたいと考えています。
ここは、理学療法士になる夢を実現するためのチャンスの場だと思います。

藤井 大輔さん 理学療法学科2年生

藤井 大輔さん

理学療法学科2年生

学校で学んだことは現場で活きてきます

就職で悩んでいる時に理学療法士の方の話を聞く機会があり、興味を持ったのがきっかけでした。オープンキャンパスで話を伺い、入学を決めました。学校の雰囲気が良く、また4年制なので、自分のペースで勉強しやすいのではないかというのも決め手でした。入学後、先生と生徒の距離感が良く、気軽に質問できる環境で、楽しく講義を受けられることを知りました。
病院実習で、学校で学んでいることが現場で生かされていることを実感してからは、勉強への意識が変わりました。
YICは、自分の興味のあることを深く学ぶことができる場所です。

角 健輔さん 作業療法学科4年生

角 健輔さん

作業療法学科4年生

人の役に立ちたいという思いのある方なら
この学校は向いています

この学校では、他国の医療事情を学ぶ機会があります。国際交流に参加した時のことがとても印象に残っています。言葉が分からなくても、韓国の学生との交流では通じ合うことができました。 患者様が安心して作業療法を行い、悩みなど気軽に相談していただけるような作業療法士になりたいですね。患者様の生活を一番に考えてサポートしていきたいと思います。 人の役に立ちたいという思いのある方なら、この学校は向いていると思いますので、ぜひ入学してみてください。先生方は優しく話しやすいため、気軽に相談することができます。国家試験でも分からない所を教えてくださり、心強いですよ!

藤田 晃希さん 作業療法学科2年生

藤田 晃希さん

作業療法学科2年生

先生方は一人一人をしっかりと見ています

2年生となった今、入学当初に比べて専門的な科目が増え、実習を行ったことによって作業療法士になることに対する自覚が出てきました。
この学校での学びは将来の仕事に活きてくると思います。なくてはならない知識ばかりで、作業療法を受ける方のニーズに応える学びでもあります。
山口大学に見学に行かせていただいた解剖見学が印象的でした。教科書で見るのとはイメージが違い、とても貴重な体験になりました。
先生方は生徒一人一人のことをしっかり見ていてくださいます。ほめるところはほめ、注意するところは注意する。冗談を交えて笑わせてくれる、とてもいい先生方です。

石部 春奈さん 作業療法学科1年生

石部 春奈さん

作業療法学科1年生

夢をかなえるために
なくてはならない大切な場所です

「あなたに出会えてよかった」と思われるような、温かく優しい作業療法士になりたいです。オープンキャンパスでの雰囲気と、国家試験合格率の高さで、この学校を選びました。
病気や障害を抱えた人の役に少しでも立ちたいと思い、その方に寄り添いながらリハビリを行う作業療法士に魅力を感じています。
授業では初めて聞く言葉が多く、難しく感じることもありますが、同じ夢がある仲間たちと協力し合うことができるから、楽しい学生生活を送っています。
この学校は、夢をかなえるためになくてはならない大切な場所ですね。