受 講 生 募 集 は こ ち ら

当プログラムについて

事業名
令和3年度「DX等成長分野を中心とした就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」
プロジェクト名
課題解決型DX人材育成プログラム(観光・サービス業を中心として)
プログラムの
趣旨・目的
非正規雇用労働者・失業者を対象に、特に観光・サービス業人材として、総合的にDXを推進できる知識・技能と業務に転換できるノウハウの習得、県内企業の求める資質・技能を保有した人材の育成を目指すこととする。
プログラムの背景
観光立県である山口県は特に観光・サービス分野において、コロナ禍の影響が表出している。今後は、多様な観光・サービス業の復活が急務であり、その為、山口県でのおもてなしを更に進化させ、ICT、AI、RPA等のDXを付加することで、多くの方に最適な情報提供と分析を行い効果的なサービス提供を行うことができる人材育成が課題となっている。 DX人材の育成により、観光マーケティングの強化が可能となる。
 (例)デジタル媒体を活用した効果的な情報発信や分析データの蓄積・活用による施策の立案
 (例)統計データの活用による観光マーケティングの推進 等
山口県内において即戦力になるDX人材は不足している現状にある。
企業においてDXを推進することは、様々な課題解決を実現し、企業成長に向けた活動となっている。
プログラムの展開
令和2年度「就職・転職のためのリカレント教育推進事業」成果物の継承として、山口大学大学院と連携した事業運営を行う。職業訓練機関への提供やハローワークを通じて同業界求職者・在職者への動画教材等の視聴、及び大学等の教育機関での業界研究教材として複数年継続して、年間200名程度の提供を進める。

受講生募集について