YIC公務員専門学校についてはこちら

tel:0120-337-561

今後の予定|
4月25日(水)、5月10日(木)
以降の予定|5月13日、5月19日、5月25日、6月5日、6月9日、6月13日、6月16日、6月21日、6月24日
今スグ!お申し込み

合格サポート体制・実績

夢の実現まで全面サポート!

公務員試験合格に向け、YIC公務員専門学校は入学前からサポート制度が充実
「万が一」の進路サポートも万全なので、安心して公務員試験に集中することができます。

合格サポート

公務員試験に向けた確かなサポート制度でバックアップ!
YIC公務員専門学校が毎年高い合格率を誇る理由、それはYICだからできるサポート対策があるからです。

入学前サポート

YICは学校に入学する前から、時間を有効活用します。早めの対策開始で、公務員試験合格に向けて準備します。

入学前サポート

2次試験対策サポート

近年では、1次試験で合格者を多めに確保した中から、2次試験で人材を絞り込む傾向にあり、難関とされています。
YICでは、2次試験対策も万全に行い、合格へ導きます!!

YICグループの強みを活かした支援

専門学校YICグループの強みを活かした支援

県内最大の専門学校グループであるYICのネットワークを活かし、面接対策・ビジネスマナー・作文などの指導を各専門分野のプロの講師が担当します。

公務員職種研究

公務員職種研究

学科別の職種研究授業で、公務員の仕事内容に関する知識を養います。自分が希望する職種や官公庁を研究して、プレゼンテーションすることで、表現力企画力が身につきます。

合格への道

個別面接指導

自分ではわかりにくい側面が見つかり、自己PRに自信がつきます。また、志望動機作成のための情報収集や公官庁研究も指導します。

個別面接指導

面接シート指導

面接では、自己紹介書の提出を求められる場合があります。自分を文章で表現するのは難しいですが、徹底した添削指導で、相手に伝わる文章が書けるようになります。

作文指導

作文指導

作文試験の配点は、非常に大きいです。文章の表現方法から実戦的な公務員作文試験対策まで、親身に細やかに指導します。

集団討論

集団討論指導

最近の公務員試験では、集団討論が課されることが多くなっています。実践トレーニングを何度も行い、ポイントをおさえた回答の仕方や考え方について指導します。

過去事例の活用

面接試験の過去事例の活用

面接対策で必要なのは情報収集です。過去の出題内容から、想定問答を繰り返し行います。

進路サポート

「自分が希望する公務員試験で結果が出なかった場合、どうなるんだろう…。」公務員受験をする方ならだれもが不安に思うことではないでしょうか。
YICは進路決定率100%をめざし、「万が一」の進路サポート体制も万全に整えています。

民間企業への就職を希望される方へ

YIC公務員専門学校はキャリアサポート(就職支援)室を設置し、学生に対して就職担当者が企業との仲介や面接の指導を行うなど、就職活動を徹底サポート
また、YICグループには90名の職業教育・キャリア教育財団認定のキャリアサポーターなどが常駐。
その数はなんと中四国・九州でナンバーワン
さらに、20年以上におよぶ地元企業との強いつながりもあり、あなたを就職へと導く体制がしっかりと整っています。
卒業後10年間まで再就職支援も行っています。

卒業後10年間「就職をサポート」

公務員試験に再度チャレンジされる方へ

「あきらめずに公務員試験にチャレンジしたい!」YICはそんな再チャレンジ生を引き続きサポートします。

聴講生(7ヶ月コース)

公務員学科のみ

聴講生として再入学し、基礎から勉強します。1年間の在籍ではなく、ほとんどの公務員試験が終わる10月末までの在籍となります。

※入学金免除

再履修生(7ヶ月コース)

公務員総合学科のみ

公務員総合学科(2年課程)を卒業後、再履修生として再入学し、4~10月末までの7ヶ月間在籍します。(資格条件や適応などのための面接があります)

※入学金免除

2年課程への編入

公務員学科のみ

公務員学科(1年課程)を修了後、本校の公務員総合学科(2年課程)2年次およびYICグループ他校2年次に転入が可能。卒業すると専門士の称号が与えられます。(短大卒業と同等の扱い)

※入学金免除

県・市町村の臨時職員や民間企業で働きながら

月1回学校でのスクーリングや、公開模擬試験を受験し、公務員試験の学習を継続します。休日を利用し面接対策も実施します。

※スクーリング費用や面接対策の費用は無料。
模擬試験は受験した回数のみ実費負担。