専門学校YICリハビリテーション大学校についてはこちら

tel:0120-160-535

今後の予定|
9月21日(土)、9月28日(土)
以降の予定|10月5日(土)、10月23日(水)、10月26日(土)、11月2日(土)、11月16日(土)、12月14日(土)、12月21日(土)、1月18日(土)、1月21日(火)、1月25日(土)、2月8日(土)、2月15日(土)、2月18日(火)、3月7日(土)、3月24日(火)、3月28日(土)
今スグ!お申し込み

講師紹介

分かち合いたい、教育がある。分かち合いたい、教育がある。

「授業を教える先生なんだ︕」という上から目線ではなく、理学療法士・作業療法士をめざす学生にとって、その知識と技術、
更には魅力を伝える、この道の先輩
として指導にあたるなど、常に学生の立場に立って、学生の近くにいる存在でありたいと思っています。
普段から声掛けをする、学生の様子にアンテナを張る、また、サークル活動やイベントなどに積極的に関わるなど学生とともに過ごしています。

松原 早苗

松原 早苗松原 早苗

「考える力」を養う授業づくりを大切にしています。

理学療法士の仕事には、いろいろな医療・福祉のスタッフと協力し、患者様が望む暮らしを実現できるように生活全体をコーディネートしていく「考える力」が必要です。それにはまず基礎が大切です。
入学してすぐに始まる「解剖学」の授業では、模型や小道具をたくさん使い、身体を動かし考えながら学習することで基礎力を磨き、専門的な治療技術の学びへとつなげていきます。
「人の役に立つ仕事がしたい」という思いと授業がつながるよう、一緒に勉強し続けています。

担当科目

解剖学、運動学、地域リハビリテーション論、生活環境論

現役学生の声

  • Q.松原先生の授業の魅力は?

    授業で使用するスライドが見やすく、理解しやすい解説と実演が魅力です。学生と先生と双方向からなる授業なので理解しやすいです。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    「解剖学」という科目で下肢の筋肉についての授業の時、松原先生は下肢の筋肉がお好きな様子で、とてもテンションが上がっていたことが印象に残っています。
    普段は見ることのできない先生の姿でした。

  • Q.松原先生へメッセージを!

    まだまだ大人になりきれていない僕たちでご迷惑もお掛けしますが、学校生活を楽しみ、自分の目標や夢に向かって勉強に励みます!

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    YICは先生と学生の間に壁がなく、学生同士も仲が良いのが魅力です。分からないことはすぐに質問できるので、理解がしやすく学習意欲が向上し学校が楽しいです。同じ志を持つ仲間と充実した学校生活を送りましょう!

理学療法学科2年
後藤 稜平さん(西京高等学校出身)

山本 悟

山本 悟山本 悟

担当科目

運動学、生理学、運動器障害学、理学療法評価法、運動療法、物理療法実習

現役学生の声

  • Q.山本先生の授業の魅力は?

    模倣の前に、やり方だけでなく身体機能と基本動作の関連も説明してくださるので理解が深まります。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    腱反射の実技で分からないところを質問した際に、私を患者役として実際に腱反射の実技をしてくださいました。反応が顕著に出たことを体験でき身をもって理解することができました。

  • Q.山本先生へメッセージを!

    いつも声を掛けやすい雰囲気をつくってくださること、そして笑顔で対応してくださりありがとうございます!

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    YICの魅力は、先生との距離が近いので質問や相談をすぐにできること!いつも「先生!質問があります」と積極的に質問しています。アットホームな雰囲気の中でのびのびと私たちと一緒にがんばりましょう!

理学療法学科3年
江本 柚香さん(小野田高等学校出身)

友原 望美

友原 望美友原 望美

担当科目

運動学、理学療法評価法、運動療法、骨関節障害理学療法学実習

現役学生の声

  • Q.友原先生の授業の魅力は?

    先生からの一方通行の授業ではなく、学生が考える時間を設けてくださるので、私たちも考える力が身につき、楽しく理解を深めることができます。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    関節可動域を学ぶ授業で、実際に測定しながら先生に指導していただいたことなどは、頭だけでなく体で覚えることができ、印象に残っています。

  • Q.友原先生へメッセージを!

    いつも丁寧に教えていただけることを将来に活かしていけるよう、考えることを大切にします。

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    YICでは、先生方のサポートが充実しており良い雰囲気で学ぶことができます。自分の好きなことや将来につながることを学ぶのはとても楽しく毎日が充実しています。

理学療法学科2年
徳浪 慶恵さん(徳山工業高等専門学校出身)

渡辺 慎介

渡辺 慎介渡辺 慎介

「こころ」を動かす技術を持った作業療法士を育てます。

作業療法士は「こころが動けば身体も動く」をモットーに患者様とかかわっていきます。
例えば、意欲の低い患者様の「こころ」を動かす技術を我々は持っています。作業療法士は近年、小中学校における特別支援、刑務所、自動車教習所など、働ける場所を拡大し続けています。つまり、国が作業療法士を求めているのです。本学科では、そういった最先端の領域での作業療法が実践できるようなカリキュラムにしており、教員も個性豊かな者ばかりです。
4年間、ともに学んでいきましょう!

担当科目

精神医学、精神障害作業療法学、作業学(作業科学)、社会生活行為向上マネジメント論・演習

現役学生の声

  • Q.渡辺先生の授業の魅力は?

    飽きないように授業を工夫してくださるので、私たちも楽しく集中して授業を受けることができています。内容も明確で分かりやすいです。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    「基礎作業治療学総論」の授業では、座学だけでなく屋上で体感しながら学べたことが印象的でした。「人は、真っ暗な部屋で何もせずにいると辛いと感じる」ということを実感する授業もあり興味深かったです。

  • Q.渡辺先生へメッセージを!

    個人的な疑問や将来の方向性について親身になって相談に乗ってくださりありがとうございます。補習でも気に掛けてもらい感謝しています。

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    YICの先生方は学生のことをいつも気に掛けて声を掛けてくださったり、親身になって相談に乗ってくださる先生ばかりですので、勉強でつまづきそうになっても前向きに励むことができます。

作業療法学科2年
加登山 未帆さん(宇部中央高等学校出身)

石丸 拓也

石丸 拓也石丸 拓也

担当科目

解剖学(運動器)、生活機能治療学、運動器障害作業療法学演習(評価手技・治療手技)

現役学生の声

  • Q.石丸先生の授業の魅力は?

    実技では、学生と一緒に体を動かしてくださるのでコツが分かりやすく、説明が丁寧で理解がしやすいです。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    3年次で学んだ感覚検査や筋力測定の実技の時、先生が検査の手順や注意点を細やかに教えてくださり、どのようなことに配慮すべきかを自分自身で考える力が身につきました。

  • Q.石丸先生へメッセージを!

    実習前は質問に行く機会が増えると思います!実習や報告会が終わったら一緒に食事に行きましょう!

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    高校時代は、勉強することが苦手でしたが、YICに入学してからは親しみやすい先生方や過ごしやすい環境のおかげで勉強をがんばることができました。学校選びは大切ですね。

作業療法学科4年
鹿取 泰晟さん(防府西高等学校出身)

東野 幸夫

東野 幸夫東野 幸夫

担当科目

地域リハビリテーション概論、老年期障害作業療法学、生活環境論

現役学生の声

  • Q.東野先生の授業の魅力は?

    学生を主体に授業構成を考えてくださること。フィードバックを欠かさないので難しい内容も印象に残ります。

  • Q.授業中の印象に残ったエピソードは?

    自らの臨床経験を語ってくださったことが印象に残っています。聞くたびに作業療法の魅力に気付かされ、おかげで自分の理想の姿を思い描くことができました。

  • Q.東野先生へメッセージを!

    質問や悩みを親身に受け入れてくださり何度も励ましていただきました。作業療法士としても憧れの存在です。

  • Q.入学を考えている方へメッセージを!

    専門的なことを学ぶため難しいと感じることもありますが先輩や学生思いの先生方がサポートしてくださるので心強いです。温かい環境で学べるYICに入学して良かったです。

作業療法学科2年
新谷 友麻さん(厚狭高等学校出身)