YIC看護福祉専門学校についてはこちら

tel:0120-500-294

今後の予定|
6月15日(土)、6月22日(土)
以降の予定| 7月13日(土)、7月20日(土)、7月28日(日)
今スグ!お申し込み

専門学校YICグループ 学校法人YIC学院

教育理念
専門知識を教授するとともに、専門職者にふさわしい心を涵養し、 地域社会の発展・向上に貢献できる人材を育成する。
教育方針(目標)
下記の教育方針(目標)を掲げる。
1.専門知識と技術を習得し、自己研鑽に励む人材を育成する。
2.社会の変化に対応できる人材を育成する。
3.慈愛の心をもち、他職種とも協調できる人材を育成する。
4.利他の精神で地域の発展向上に貢献できる人材を育成する
YICの概念
Your Institute of Community Education
「地域の発展に貢献する地域の皆さんのための教育機関」

 

YIC看護福祉専門学校

校訓「鍛え磨く」
人間は清新はつらつとして希望に燃えている時に、自らを厳しく鍛えることにより、すばらしい人間となる。また、どんなに優れた才能を持っていても、修養を積まなければ、その優れた才能を十分に発揮することはできない。学生が自らの持つ大きな可能性を信じ、可能性の実現に向けて果敢に挑戦することを期待し、「学校は、学生が心身を琢磨する道場である」として、校訓を「鍛え磨く」とする。
教育理念
校訓「鍛え磨く」の精神に則り、学生が看護、福祉の専門職になるという希望の実現に向けて自らが切磋琢磨するために、専門的知識、技術を教授するとともに、人間の尊厳と権利を尊重できる人間性を養い、地域社会に貢献できる看護、福祉の専門職業人の養成をめざす。
教育目的
本校は教育基本法、学校教育法及び関係法令に基づき、医療分野、教育・社会福祉分野に関する知識及び技術を教授するとともに、人間の尊厳と権利を尊重できる人間性を養い、地域医療と社会福祉事業の充実発展に寄与し、広く社会に貢献できる有能な人材を育成することを目的とする。

 

YIC看護福祉専門学校 学科別3ポリシー

 

看護学科

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
 

1.看護師に必要な幅広い教養を身につけている

2.対象者個々の健康状態を把握するために、看護師に必要な医学的基本知識を身につけている

3.多様な保健・医療・福祉現場で必要とされる看護師の実践的技術の基礎を身につけている

4.対象を注意深く観察し、その症状や兆候、言動の意味を考えることができる

5.対象を尊重する人間性を身につけている

6.対象に必要な看護を実践するために、科学的根拠に基づく情報の分析・判断ができる

7.様々な状況下で、自らの考えを他者に的確に伝えることができる

8.看護師としての責務を自覚し、倫理観を持って行動できる

9.向上心を持ち、自らを継続的に鍛え磨く意欲と能力を有している

10.医療チームの一員として効果的な連携を図ることができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

1.看護師に必要な幅広い教養を身につけ、看護の対象である人間を理解するために必要な医学的基礎知識、看護を実践するための基礎看護技術を学ぶ

2.看護の対象を成長・発達・加齢の視点から理解するとともに、健康の保持・増進、疾病の予防、健康の回復を目指し、対象に応じた科学的根拠に基づく看護を実践するための看護過程の基礎を学ぶ

3.看護の対象を身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解するとともに、健康の保持・増進、疾病の予防、健康の回復を目指し、対象に応じた科学的根拠に基づく看護を実践するための看護過程を展開する

カリキュラムマップ

アドミッションポリシー(入学者の受入れ方針)


1.看護師になるという明確な意志があり、一生懸命になれる人

2.身近にいる人を大切にできる人

3.他者の意見に耳を傾け、誠実に対応ができる人

4.自己の生活を整え、心身両面の健康管理のできる人

5.探求心を持って、主体的(自ら)に学習し続けることができる人

 

介護福祉学科

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

1.社会で必要とされる幅広い教養が身についている

2.介護実践に必要な基本的かつ専門的な技術や知識を身につけている

3.将来組織やグループの中でリーダーシップやフォロワーシップを発揮できる素養を身につけている

4.対象に必要な介護を実践するために、科学的根拠を持った適切な判断や課題解決ができる

5.様々な状況下で、専門職としての自らの考えを他者に的確に伝えることができる

6.介護福祉士としての責務を自覚し、高い倫理観と豊かな人間性を身につけている

7.専門職業人として自らを鍛え磨き続け、社会の中で協調して自己の役割を果たすことができる

8.セルフコントロールができ継続的に介護現場で働くことができる

カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針

1.尊厳の保持や権利擁護の視点に基づき、専門職業人としての基盤となる倫理観を身につけ、介護を実践するための基礎知識及び基礎介護技術を学ぶ。その他の科目を中心に社会で必要とされる幅広い教養を身につける

2.YICグループ校との教育連携で多職種連携・協働の必要性を理解し自らの専門性を明らかにする。また、介護実習を中心に各領域で学んだ知識・技術・態度を統合し、介護実践に必要な観察力・判断力・思考力を学ぶ

カリキュラムマップ

アドミッションポリシー(入学者の受入れ方針)

1.介護福祉士になるという明確な意志があり、一生懸命になれる人

2.身近にいる人を大切にできる人

3.他者の意見に耳を傾け、誠実に対応ができる人

4.自己の生活を整え、心身両面の健康管理のできる人

5.探求心を持って、主体的(自ら)に学習し続けることができる人