YIC看護福祉専門学校についてはこちら

tel:0120-500-294

今後の予定|
9月1日(土)、9月22日(土)
以降の予定| 9月29日、10月27日、11月10日、12月26日
今スグ!お申し込み

看護学科の特徴

学科の特徴

当校の看護学科は高校新卒者のみならず、大学・短大および専門学校からの新卒者や社会人としての勤務経験を持つ方、
また、主婦から心機一転、看護師の資格取得を決意される方など多様な経歴の学生が学習しています
高校新卒者以外の入学者にも安心して学んでいただけるように、担任制度の導入や技術指導のきめ細かいアフターケア、
国家試験の模擬試験とその対策、学費のサポートなど万全の体制でお迎えしています。

※以下、高校新卒での入学者を「高校新卒者」、大学・短大・専門学校の卒業見込者を「大学など新卒者」、それ以外の方を「社会人」と表記しています。

看護学科の在籍状況について

年代別でみる平成28年度在籍者の割合

年代別でみる在籍者の割合

在籍者全体のうち、1/3が大卒など新卒者と社会人で占めており、年齢も20代前半から40代まで幅広く在籍しています。
また、男性の構成比は各年代にバランスよく分布し、女性は高校新卒者が多いものの年代の高い方もまた同時に在籍しているのが特徴です。

入学年度でみる高卒新卒者との対比

年度別新卒者、大卒社会人入学生の割合

大卒など新卒者と社会人の割合が毎年3分の1以上であると読み取れます。
現在の社会情勢を反映した一般企業などの厳しい採用状況や給与などに対し、看護師では病院の慢性的な看護師不足からくる潤沢な求人数、
また給与面などでの高待遇、離職した後の再就職のしやすさなどがあげられます。
また、不況でも安定した採用状況の看護師は幅広い年代の方に男女を問わず注目されていることが分かります。

※2011~2012年 定員40名、2013~2016年 定員80名

国家試験の合格状況

平成26年度看護師国家試験において当校は在学生が全員受験をし、合格率100%を達成しました。
1年次からの計画的な模擬試験の実施や、学習支援体制の確立により万全の国家試験対策を展開しています。

指導教員について

看護師・助産師などの資格を持つ当校の看護学科専任教員12名(常勤)があなたの学校生活はもとより、
国家試験の受験、就職活動を支えていきます。
教員は他の養成所での教育経験を長く積んだ者、
あるいは病院などの臨床現場において看護師としてはもちろん、看護部長、看護師長などの責任のある仕事の経験を積んだ者、と
すばらしい実績を持った教員ばかりです。
人生の先輩、また看護師としての先輩として良きアドバイザーになってくれることでしょう。

社会人入学生の主な就職先

  • 小野田赤十字病院
  • 徳山中央病院
  • 山口赤十字病院
  • 山口労災病院
  • 周防大島町立大島病院
  • 片倉病院
  • 山口宇部医療センター
  • 阿知須共立病院
  • 山口大学付属病院
  • 岩国医療センター
  • 周南市立新南陽市民病院
  • 鼓ヶ浦こども医療福祉センター

よくあるご質問

就職活動において新卒者と比較して年齢によるハンデがありますか?

ありません。多数の病院から多くの求人があるので自分の希望にあった就職先を選べば良いでしょう。結婚や出産で離職した看護師でも再就職が容易なように、年齢は看護師採用の妨げになる要因にはなりません。

高校新卒者と同一のクラスでは教室の雰囲気に馴染めるかどうか自信がありません。

当校は看護師養成所であり、同時に専門学校でもあります。したがって中学や高校と違い、大学などのように高等教育機関の位置づけにあります。このため、高校新卒者はもちろん20代から40代を超える方まで幅広い年代の方が在籍しています。また、看護師をめざすという共通の目標があるため年代を越えて学業と技術習得に取り組まれる方がほとんどなので心配は無用です。

男性ですが問題ないでしょうか?

ありません。看護師といえば女性の職業とイメージされがちですが、むしろ今後は男性の看護師としての活躍の場は増えていく傾向にあります。当校でも女性が多いのは事実ですが3割強は男性です。もちろん男性の更衣室なども完備しています。

看護学科全体の男女比 社会人入学生の男女比

社会人入学をお考えの方へ